レズビアンと出会いが楽しめる安心サイト特集♪

アメリカで出会った「レズビアン」

私は数年前、外資系企業に勤めていた頃に海外出張でアメリカへ行きました。

 

私は元々洋楽が大好きだったので、地元のクラブを教えてもらい、週末に何度か出かけていきました。
その中で知り合ったのが2人の女性でした。

 

彼女たちはいわゆる「レズビアン」で、お互いの事を「パートナー」と言っていました。
日本では昔から女性の同性愛者は「レズ」といっていますが、最近では自ら「ビアン」という人が増えています。

 

しかしアメリカでは本当に自然な付き合いで、一緒にいる誰もが彼女たちのことを「レズビアン」としてではなく、友人として見ています。
いつも一緒にいるし、手もつないでいますが別に誰も気にしません。

 

同性愛者に対する見方が日本とは全く違うことに驚きました。
もちろん普通に私に接してくれますし、クラブではトイレへ案内してくれて、用が済むまで外で待っていてくれました。
彼女達はずっと一緒にいられればそれだけで良い、と言っていました、聞いていて私も何だか応援したくなってしまいました。

 

誰にも迷惑をかけている訳でもないし、日本でも堂々とカミングアウトできるようになれば良いのにと思います。

 

またアメリカへ行く機会があったら、年齢を重ねた彼女達が幸せに暮らしているか是非会いに行きたいと思っています。

 

ランキング画像