レズビアンと出会いが楽しめる安心サイト特集♪

元同僚にいたレズの女の子

わたしが以前西新宿の外資系企業に勤めている時、白人女性の同僚にレズの女性がいました。

 

彼女は社長付の秘書で、スペイン人の社長の補佐をする優秀な社員でした。
彼女は自分がレズであることを公言していて、お昼時など一緒にランチをした際など、レズの恋人の話などをよく聞かせてくれました。

 

社内では他にもレズの外国人女性がいて、わが社ではそのような性癖をカミングアウトするのは全く問題がない自由な社風でした。男性にもゲイの社員がいましたし、彼らに対して偏見を持つ人はわたしの知る限りではいませんでした。

 

わたし個人の印象では、レズの女性はとても仕事が優秀で、性格も明るく、とてもお付き合いがしやすいということです。彼女たちはとてもオーバーに感情表現をしますが、それが社内を明るくしてくれ、経理部で数字と格闘しているわたしを癒してくれたりもしたものです。

 

レズの彼女は積極的に日本人とも仲良くなろうとし、金曜日にはよく六本木まで飲みに行きました。

 

そこでもレズが集まるバーがあって、そこでわたしもよくレズと間違われたものでした。
彼女たちの飲み方はとてもスカッとする明るく楽しく飲む大騒ぎで、わたしは彼女たちと遊ぶのが大好きでした。

 

いまはわたしは結婚して主婦になり、仕事は辞めてしまいましたが、レズの彼女とはフェイスブックなどで近況報告をしあっています。

ランキング画像